Design Seminars

Design Lecture 2019 Season Ⅰ

デザインレクチャー 2019 Season I
【第1回】人工物のデザイン

2019.5.17(金)

終了しました

Design Lecture 2019 Season Ⅰ

【第1回】人工物のデザイン


「人と機械の共創による社会技術系のデザイン」

本講義では、人工物のデザイン対象を、技術的要因に加えて人的要因・組織的な要因が相互に複雑に絡む複合体と捉える。とくに、人工物自身の中身と組織である「内部」環境と、人工物がそのなかで機能する環境である「外部」環境、さらにそこに人がどのように人工物とかかわるかの「インタラクション」の3 つの視点からのデザインを考える。さらに、自動化・知能化等の新たな技術の導入によって抱え込むことが予想される矛盾へも配慮しながら、それへの解消に向けた技術革新について明らかにする。

楠見 孝椹木 哲夫 / Tetsuo Sawaragi

京都大学工学研究科 機械理工学専攻 教授


京都大学大学院工学研究科修士課程修了、博士後期課程指導認定退学。京都大学工学部助手、准教授を経て2002年より同研究科精密工学専攻教授、現在同機械理工学専攻教授。1991~1992 年米国スタンフォード大学客員研究員。京都大学工学博士。ヒューマンインタフェース学会会長、システム制御情報学会会長、IEEE SMC 日本支部支部長等を歴任。現在、計測自動制御学会副会長、 日本学術会議連携会員、ほか。


開催要項


デザインレクチャー 2019 SeasonⅠ
第1回 人工物のデザイン


日程:
2019年5月17日(金)

時間:
15:00  講義(前半75分)
16:15  休憩
16:30  講義(後半75分)
17:45  終了
※変更する場合がございます。

会場:
京都リサーチパーク
京都市下京区中堂寺南町134
http://www.krp.co.jp/access/

対象:
京都大学デザインイノベーションコンソーシアム会員、非会員

定員:
40名程度

参加費:
京都大学デザインイノベーションコンソーシアム会員 無料
非会員 5,000円(税込)/1回分
※当日、受付にてお支払ください

申込〆切:
2019年5月16日(木)

・講義の振替はございません。予めご了承ください。
・お申し込み後のキャンセルはご遠慮願います。止むを得ず、ご欠席される場合は、事務局までご連絡ください。

主催:
デザインイノベーションコンソーシアム

後援:
京都大学デザイン学大学院連携プログラム

問合せ先:
デザインイノベーションコンソーシアム事務局
京都リサーチパーク株式会社 担当:松浦、長田
tel: 075-315-9185
mail: info_at_designinnovation.jp(注:_at_を@に変更してください)


チラシのダウンロードはこちらから


◎セミナーの様子は写真・動画撮影を行い、京都大学デザインイノベーションコンソーシアムおよび京都大学デザインスクールの広報物やウェブ等に掲載させていただくことがありますのでご了承ください。問題がある場合は、恐れ入りますが事務局までご連絡ください。






もどる