Design Lecture 2022 Season Ⅰ

デザインレクチャー 2022 Season I
【第1回】情報のデザイン

2022.6.24(金)

終了しました

Design Lecture 2022 Season Ⅰ

【第1回】情報のデザイン


「情報を効果的に伝えるための方法論」

ことば、グラフィック、コンピュータといったメディアにかかわらず、情報を人に伝える行為は普遍的である。どんなに価値ある情報も、それが人に正しく伝わらなければ意味がない。 本講義では、情報デザインを「伝えたい情報を対象者に的確、効果的に伝えるための規範・方法論」と捉え、情報デザインに関わる諸概念について事例を交えながら紹介する。 前半では、情報の分類、組織化、言語の視点からの情報デザイン、ユーザインタフェースのデザイン等について議論する。 後半では、情報技術による未来社会のシステムのデザインについて議論する。

参考図書:田中克己、黒橋禎夫(編)『情報デザイン (京都大学デザインスクール・テキストシリーズ) 』共立出版、2018。

中小路 久美代黒橋 禎夫 / Sadao Kurohashi

京都大学大学院情報学研究科 教授


1994年京都大学大学院工学研究科電気工学第二専攻博士課程修了。博士(工学)。 2006年4月より京都大学大学院情報学研究科教授。自然言語処理、知識情報処理の研究に従事。 言語処理学会10周年記念論文賞、同20周年記念論文賞、文部科学大臣表彰科学技術賞等を受賞。 2014年より日本学術会議連携会員。2020年より文部科学省科学官。


伊藤 孝行 伊藤 孝行 / Takayuki Ito

京都大学大学院情報学研究科 教授


平成12年名工大博士後期課程修了。博士(工学)。JSPS特別研究員。平成13年JAIST助教授。 平成15年名工大助教授。平成26年名工大教授。令和2年京都大学教授。 USC、ハーバード、 MIT(2回)の客員研究員。内閣府最先端次世代プログラム、 さきがけ、CREST代表研究者(2回)。IFAAMAS理事。人工知能学会功績賞と業績賞、JSPS賞、 文部科学大臣表彰科学技術賞、文部科学大臣表彰若手科学者賞、情報処理学会長尾真記念特別賞、 日本ソフトウェア科学会基礎研究賞、IPA未踏スーパークリエータなど。

開催要項


デザインレクチャー 2022 Season I
第1回 情報のデザイン


日程:
2022年6月24日(金)

時間:
15:00  講義(前半75分)
16:15  休憩
16:30  講義(後半75分)
17:45  終了
※変更する場合がございます。

会場:
オンライン(Zoom)での開催
・Zoomを利用して行います。受講予定の環境でZoomが使用可能なことをご確認の上、お申し込み下さい。
 (Zoomの接続テストサイト:https://zoom.us/test )
・お申込みされた方に、開催日までに接続URLをご案内いたします。

対象:
京都大学デザインイノベーションコンソーシアム会員、非会員・一般

定員:
90名程度

参加費:
S・A・E会員・特別会員 無料
B会員          1,000円/1回分
非会員・一般       5,000円/1回分

申込:下記URLよりお申込みください。(事前申し込み要)
https://dl2022-s1-1on.peatix.com

申込締切:
2022年6月17日(金)17:00

・講義の振替はございません。予めご了承ください。
・お申し込み後のキャンセルはご遠慮願います。
・やむを得ずキャンセルされる場合は、申込受付期間内に事務局までメールにてご連絡ください。それ以降の参加費のご返金については対応致しかねます。
・キャンセルに伴う不利益(返金手数料の発生等)については、主催者側では責任を負いかねます。

主催:
京都大学デザインイノベーションコンソーシアム

後援:
京都大学デザイン学大学院連携プログラム

問合せ先:
京都大学デザインイノベーションコンソーシアム事務局
公益財団法人京都高度技術研究所 内 担当:十河・野木
tel: 075-323-7073
mail: info_at_designinnovation.jp(注:_at_を@に変更してください)


◎セミナーの様子は写真・動画撮影を行い、京都大学デザインイノベーションコンソーシアムおよび京都大学デザインスクールの広報物やウェブ等に掲載させていただくことがありますのでご了承ください。問題がある場合は、恐れ入りますが事務局までご連絡ください。





デザインレクチャー 2022 SeasonⅠ

第1回 情報のデザイン                  2022年6月24日(金)
第2回 デザインの新展開 ― 歴史をつくるイノベーション  2022年7月15日(金)
第3回 不便の効用に着目するシステムデザイン       2022年9月16日(金)予定


もどる