Design Innovation Consortium

  • Design Seminars
  • Design Boot Camp
  • Summer Design School
  • Design Forum
  • Open Innovation
  • Fellowship
2017/06/13

「夢みる力が「気」をつくる」

「ビジネスデザインシリーズ vol.12」2017年7月28日(金)17:30~

BDS12.png

「夢みる力が「気」をつくる」

講師: 唐池 恒二氏 (九州旅客鉄道株式会社 代表取締役会長)

第12回目を迎えるに至った当ビジネスデザインシリーズですが、今回は、更に、産業の幅を広げて、JRビジネスを取り上げてみました。とりわけ、苦難を越えて新しい価値を創造しながら大躍進を遂げたJR九州の歩みは、デザイン学関係者の大いなる関心事であり、「発想力」「実行力」そして「それを可能にする源泉とは---」等々、学ぶべき要素が凝縮されているものと思料致します。今回は、下記内容を軸に、最前線で該社をけん引してこられた講師自らの経験を踏まえ、その哲学を大いに語って頂きます。

【講演概要】
JR九州の歴史は逆境から立ち上がってきた歴史ともいえる。国鉄分割民営化後、当社は厳しい経営環境や度重なる自然災害など数多の困難を乗り越え会社も社員も強くなってきた。原動力のひとつは、夢みる力が生み出す「気」であると考える。
「気」は、価値を創造し感動のエネルギーへと変化する。乗車されるお客さまのみならず、沿線の皆さまの心までも動かす「ななつ星in九州」は好例である。
新たな事業への挑戦、様々なプロジェクト完遂までのエピソードを交えながら、私の信じる「気」についてお話させていただき、人を動かし組織や地域を活性化させるためにはどうすべきか皆さまと考えていきたい。


日時:2017年7月28日(金) 開始時間:17時30分(19時頃から懇話会・有料)
場所: 京都大学デザインイノベーション拠点(KRP9号館506)
対象:京都大学教員・学生、デザインイノベーションコンソーシアム会員、一部招待者
定員:40名程度
参加費:無料(懇話会1,000円)
申込締切り:2017年7月20日(木)
申込み:https://pro.form-mailer.jp/fms/d71caabd123420 (事前申し込み要)
主催:京都大学デザイン学大学院連携プログラム / デザインイノベーションコンソーシアム
問合せ先:デザインイノベーションコンソーシアム 事務局
京都リサーチパーク(株) 山口、柳本
mail: info_at_designinnovation.jp (注:_at_を@に変更してください) 電話:075-315-8522

チラシのダウンロードはこちらから

◎フォーラムの様子は写真・動画撮影を行い、デザインイノベーションコンソーシアムおよび京都大学デザインスクールの広報物やウェブ等に掲載させていただくことがありますのでご了承ください。問題がある場合は、恐れ入りますが事務局までご連絡ください。


karaike.jpg

講演者ご紹介:
唐池 恒二(からいけ こうじ)  九州旅客鉄道株式会社 代表取締役会長

プロフィール:
昭和52年4月  日本国有鉄道入社
昭和61年2月   九州総局総務部人事課長
昭和62年4月   (九州旅客鉄道株式会社=JR九州=発足)
        九州旅客鉄道株式会社入社
平成 元年3月   船舶事業部 企画課長
平成 7年3月    流通事業本部 外食事業部長
平成 8年2月   JR九州フードサービス(株)代表取締役社長
平成 9年6月   九州旅客鉄道株式会社 経営企画部長
平成12年6月  JR九州フードサービス(株)代表取締役社長
平成15年6月  九州旅客鉄道株式会社 取締役 営業部長
平成18年6月   常務取締役 経営企画部長
平成20年6月   代表取締役専務 総合企画本部長
平成21年6月   代表取締役社長
平成26年6月   代表取締役会長


ビジネスデザインシリーズについて

bds_img.jpg

日本経済を支え、世界をもリードしてきた電子産業の凋落傾向は否定できず、これに代替する新産業の興隆、これの萌芽となるベンチャー企業の勃興も期待値からは、遠い状況にあります。このため、日本は経済・産業の視点からも大きな転換を余儀なくされ、まさに、産業・ビジネスをグローバルに設計(デザイン)し直す時を迎えています。

元シャープ常務・京都大学デザイン学ユニット特任教授の貫井孝氏プロデュースの本シリーズでは、産業界の一線で活動している、または実績のある企業人を招き、ビジネス現場の実態、抱えているビジネス課題、その突破口、戦略、そのための人材論などアクチュアルな講演をいただきます。これをもとに、産・官・学の参加者が、質疑、試論を交わし、ビジネス価値、ビジネスモデルを創造する思考起点となることを期待しています。

国の経済活動の中枢を担う「産業・企業・グローバルビジネス」という切り口から、様々な分野・バリューチェーンにおける解決課題の認識と方向性、それを可能とするイノベ―ティブな人材要件などを語り合い、それぞれの立場の人々のモチベーションを高めるとともに、「これから」のビジネスイノベーションに繋がる一歩とすることを目指します。


◆貫井 孝 / Takashi Nukii 

nukii_2.jpg

京都大学工学部卒業。シャープ(株)中央研究所を皮切りに、同社電化システム事業副本部長、生産技術開発推進本部長、取締役IC事業本部長等を歴任。平成22年より同社常務執行役員生産技術統轄。同社顧問を経て、平成25年12月より京都大学デザイン学ユニット特任教授。