News for Toppage

2020/01/17

【東京開催】デザインレクチャー2019特別企画「サービスのデザイン」

2020年2月27日(木)開催

東京開催決定!

デザインレクチャー2019特別企画

「サービスのデザイン」

価値共創の理論的視座とデザインの方法論


~予測不可能な世界を生き抜くための企画・デザインの発想を学ぶ~

京都大学デザインスクールで実際に行われている講義を中心に、企業向けに再編したレクチャーシリーズを開催します。予測不可能な時代(VUCA*)と言われる現在、異質なナレッジ、真の課題発見、解決策のデザイン力が必要とされています。そのためには、異分野の知見を学び、それぞれの分野で培われたデザイン理論・手法を理解し、その礎を築くことが大切です。
今回、ご要望の多かった東京での開催が実現しました。初めての方、前回都合がつかなかった方はもちろん、再度じっくり学びたい方も、是非受講ください。

*VUCA: Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)



Point

・それぞれの専門分野における問題の捉え方や解決策のデザイン方法がわかります。
・自らの分野・業界の発想や問題の解決方法は限定的であり、バイアスがあると気付きます。
・どの分野のメンバーでプロジェクトチームを構成すれば、真の問題発見や望ましい解決策のデザインが可能となるか、計画できるようになります。





【特別企画】

サービスのデザイン

「価値共創の理論的視座とデザインの方法論」

サービス業に限らず、顧客との「価値共創」のためのサービスのデザイ ンは全ての企業、行政、非営利組織に求められている。最近注目を集めるサービスデザインの基本的な考え方を踏まえた後、サービス研究の最先端の議論を通して、サービスデザインを新しい視座から捉え直す。特に、文化を捉えて、新しい文化をデザインしていく方法について概説する。文化の視座から新しい価値を作り出す新しい方法を議論する。
※デザインレクチャー2019 SeasonⅠ 第2回(京都開催)と同様の内容を予定。



yamauchi.jpeg山内 裕 / Yutaka Yamauchi
京都大学経営管理大学院 准教授

京都大学経営管理大学院准教授。京都大学工学部情報工学卒業、同情報 学修士、UCLA Anderson Schoolにてh.D. in Management。Xerox Palo Alto Research Center研究員を経て、京都大学経営管理大学院のサービ ス価値創造プログラム開始時に着任。






開催要項


日 程:
2020年2月27日(木)

時 間:
15:00 講義(前半75分)
16:15 休憩
16:30 講義(後半75分)
17:45 終了

会 場:
京都大学 東京オフィス 大会議室
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office/about/access.html

対 象:
京都大学デザインイノベーションコンソーシアム会員、非会員

定 員:
30名程度

参加費:
正会員A・E・特別会員 1,000円
正会員B  3,000円
非会員   5,000円
※申込時にお支払いください。
※ご所属の会員種別はこちらをご確認ください。

申 込:満席となりましたので、申込受付は終了いたしました。ご了承ください。

申込〆切:
2020年2月17日(月)※定員になり次第、締め切らせていただきます。

キャンセルについて:
・お申込み後のキャンセルはご遠慮願います。
・やむを得ずキャンセルされる場合は、2月17日(月)17:00までに事務局へメールにてご連絡ください。
・キャンセルに伴う不利益(返金手数料等の発生等)については、主催者では責任を負いかねます。

主 催:
京都大学デザインイノベーションコンソーシアム

後 援:
京都大学デザイン学大学院連携プログラム

問合せ:
京都大学デザインイノベーションコンソーシアム事務局
公益財団法人京都高度技術研究所 内 担当:澤本
tel: 075-323-7073
mail: info_at_designinnovation.jp (注:_at_を@に変更してください)

◎セミナーの様子は写真・動画撮影を行い、京都大学デザインイノベーションコンソーシアムおよび京都大学デザインスクールの広報物やウェブ等に掲載させていただくことがありますのでご了承ください。問題がある場合は、恐れ入りますが事務局までご連絡ください。