Design Lecture 2018 Season Ⅱ

デザインレクチャー 2018 Season Ⅱ
【第2回】フィールド分析法

2018.12.12(水)

募集終了しました

Design Lecture 2018 Season Ⅱ

【第2回】フィールド分析法


「エスノメソドロジーと人間行動のデザイン」

ほとんどのデザインが有効であるのは、それが自然な人間行動の中に埋め込まれた時である。だから、「自然な人間行動とは何か」を調べることは、デザイン実践と研究にとって大きな意味をもつ。この問題に、人同士のコミュニケーション(たとえば小売店の接客)という側面から取り組んできたのが、「エスノメソドロジー」と呼ばれる社会学の方法である。エスノメソドロジーは実際のコミュニケーションを観察し、人がその場で自然に行動する条件を明らかにする。このレクチャーではエスノメソドロジーの考え方と具体的な接客場面の分析例を紹介しつつ、分析によって明らかにした自然な人間行動に基づいたサービスデザインについて議論する。

平本 毅 平本 毅 / Takeshi Hiramoto

京都大学経営管理大学院 特定講師


京都大学経営管理大学院特定講師。立命館大学大学院社会学研究科博士課程後期課程修了。博士(社会学)。専門はエスノメソドロジー・会話分析。近年はクリーニング屋、江戸前鮨屋、ハンバーガー屋、寝具店などの小売店の接客場面の分析に従事しており、その分析に基づいたサービスの理解と、サービスデザインの実践とのかかわりを研究している。主な編著書に、『会話分析入門』勁草書房、『会話分析の広がり』ひつじ書房ほか。


開催要項


デザインレクチャー 2018 Season Ⅱ
第2回 フィールド分析法


日程:
2018年12月12日(水)

時間:
15:00  イントロダクション
15:05  講義(前半75分)
16:20  休憩
16:35  講義(後半75分)
17:50  まとめ・お知らせ
18:00  終了
※変更する場合がございます。

会場:
京都リサーチパーク
京都市下京区中堂寺南町134
http://www.krp.co.jp/access/

対象:
デザインイノベーションコンソーシアム会員、非会員・一般

定員:
40名程度

参加費:
デザインイノベーションコンソーシアム会員 無料
非会員・一般 5,000円/1回分
※当日、受付にてお支払ください

申込〆切:
2018年12月5日(水)

・講義の振替はございません。予めご了承ください。
・お申し込み後のキャンセルはご遠慮願います。止むを得ず、ご欠席される場合は、事務局までご連絡ください。

主催:
デザインイノベーションコンソーシアム

後援:
京都大学デザイン学大学院連携プログラム

問合せ先:
デザインイノベーションコンソーシアム事務局
京都リサーチパーク株式会社 担当:松浦、柳本
tel: 075-315-8522
mail: info_at_designinnovation.jp(注:_at_を@に変更してください)


チラシのダウンロードは こちらから


◎セミナーの様子は写真・動画撮影を行い、デザインイノベーションコンソーシアムおよび京都大学デザインスクールの広報物やウェブ等に掲載させていただくことがありますのでご了承ください。問題がある場合は、恐れ入りますが事務局までご連絡ください。






もどる